NYで、かごバッグが大人気☆

この夏、一番楽しみにしてた、
映画『イン・ザ・ハイツ』
こんなご時世なので、
明るく楽しい、
ミュージカル映画が、
見たかった~♪
ストーリーは、
ニューヨークの片隅、
移民の多く暮らす街にある、
『ワシントンハイツ』を舞台に、
男女4人若者が、
厳しい現実に直面しながら
も夢を追って生きている。
ってお話。
主人公の女の子の1人が、
持っていたのが『アタバッグ』
アレ!?
と思ったんだけど、
持っているシーンも長くて、
どんなのかみたーい!!
と思って、目を凝らしてたけど。。
ミュージカルなので、
ダンスやなんだ動き回ってて、
良く分からずじまい。
たぶん、
ショルダー部分が、
革になってる
アタバッグだったかな?
たしか、ジュリアロバーツの映画、
『食べて、祈って、恋をして』
で、ジュリアロバーツが、
アタバッグの本場バリ島で、
買ったアタバッグがNYで火がついて、
いち大ブームになったのが、
たしか2010年ぐらいだったかなぁ。
あれから10年。
アタバッグ&かごバッグブームが、
またまた到来したみたいですね~♪
10年前と違うのは、
憧れハイブランドがこぞって、
夏コーデに“大人可愛い”
かごバッグを販売してる。
中でも、ダントツに可愛いのが、
・ロエベ
・クロエ
・クリスチャン ルブタン
この3つ
ロエベ(LOEWE)のかごバッグは、
春夏を彩るかごバック。
立体的なアナグラムのロゴが入った、
ヤシの葉素材のかごバッグ。
調節できるストラップがショルダーにも、
ハンドバッグにもなるところがポイント大。
クロエ(Chloe)のかごバッグは、
フェアトレードペーパー製のナチュラルな色目に、
ブランドロゴ入りリボンを組み合わせた、
とっても可愛い、バスケットタイプ。
クリスチャン ルブタン(Christian Louboutin)は、
ヤシの葉を手作業で縫い付けたかごバッグ。
持ち手部分に、白レザーをチョイスした、
とってもラグジュアリーなかごバッグ。
などなど、
かごバッグは他にも、
ラフィア(ヤシの葉)素材の
・ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)
・セリーヌ(CELINE)
・ブルガリ(BVLGARI)
ケニアの伝統技術を取り入れた
・クロエ(Chloe)
ラタン(籐)製の
・バレンシアガ(BALENCIAGA)
・ケイト・スペード ニューヨーク(kate spade new york)
・フルラ(FURLA)
ハイブランドのかごバッグに使われる素材はだいたいこの3つ。
・ラフィア(ヤシの葉)
・ラタン(籐)
・ペーパー製
・ラフィアとは?
ラフィアは、ラフィア椰子の葉から採れる天然繊維で、マダガスカルが原産。ラフィア椰子はアフリカやアジアの熱帯地域に生息するものの、マダガスカルのラフィアは世界的に高品質で有名です。
・籐(ラタン)とは?
東南アジアを中心に熱帯雨林地域のジャングルに自生するヤシ科の植物で、日本名で「籐(とう)」と呼ばれる、200種以上ある植物の総称です。
アレレ??
かごバッグ=アタバッグ
と言われるほど、
10年前のかごバッグのブームをつくった、
バリ島のアタを使用したアタバッグは、
ハイブランドからは出てないようでした。
なんか残念。。
やっぱり、
ラフィア(ヤシの葉)やラタン(籐)は、
手に入りやすいんでしょうね。。
ちなみに。
・アタとは?
アタ製品の材料となる「アタ」は、主にインドネシアで自生するシダ科の植物。 アトゥとか、アッタとも発音します。葉を取り、茎の部分を乾燥させたものがアタ製品の材料になります。
インドネシアにしかない素材の上、アタの栽培は難しいため、自生しているものを採取してアタ製品は作られるので、真似ようにも真似られず、量産できな貴重な素材。
映画『イン・ザ・ハイツ』で主人公の女の子が持っていたような、
颯爽と歌って踊れるちゃう
ショルダー型のバリ島のアタバッグだとコレが大人可愛い!
暑い夏コーデにぴったりかな~♪
毎日まじめに働いていたら、
夢は叶うと思ってた。
日々の暮らしに、
少しでも余裕ができるかな。
厳しい現実に直面しながらも、
頑張って働いていて!
イン・ザ・ハイツみたいに、
毎日笑って楽しく暮らしたいですね~♪