英語学習について

小声でシャドーイングする
シャドーイングとは、聞こえてきた音声のすぐあとを追って同じ音声を発するという勉強法。
耳から入ってきた情報をそのまま、吐息レベルの音量で良いので、口から出すようにすると
飛躍的にリスニング力が向上するだけでなく、記憶へも定着しやすくなります。
【効果的な理由と実績】
英語学習を始めたばかりの頃は、初めて聞いた英語を一発で聞き取れないと実生活で役立たないのでは…と感じていました。
しかし、英会話講師の方は、よく「好きな映画を字幕で見る」「好きな洋楽アーティストを見つける」ことが上達への近道だと言います。
ランニング中の聞き流しも同様で、自分の興味のあるストーリーやプレゼン(=日本語でも聞きたいと思うコンテンツ)を
選択することで、飽きにくくなり、英語学習を続けることができるようになります。
私はもともと、学校で習う受験英語しかやってこなかったため、
読み書きは多少できても、リスニング・スピーキングはさっぱりでした。
ところが、上記のトレーニングを続けたことで、今は旅行で交わされる日常会話レベルであれば
困らない英語力を身に着けることができました。