戦場で狐を見かけた話

そしてよく見るとそれは狼ではなく金色の綺麗なキツネだったそうだ。
そして次の瞬間その狐が2 M ほどはねたかと思うとパットをが数本に分かれた近くの兵士もそれを見てうわーと騒ぎ出したそうだ。
狐は分かれたおから大量の火の粉を振りまいて敵味方の間を走り始めたので乾ききった枯れ草がすごい勢いで燃え始め煙と炎が一面埋め尽くしたそうだ。
これ幸いと部下にとか命令を出しじじいは最後に軍曹と川を渡ったそうだ川を渡って追ってを狙い撃ちにすることとしたが出来は来なかったそうだけむりも薄れた対岸を双眼鏡でくまなく見るも狐の姿は既になく部下と一体何だったのかなとこの世のものとは思えなかったので部下と体幹に手を合わせて心の中で例を言うとじじいの耳元で誰かが囁いたそうだ。
聞いたことのない若い女性の声でうまかったぞ沖縄地上戦での話ある星が連合軍の艦砲射撃から必死で逃げていた