リビンマッチは国内最大級の不動産サービス

運営会社は、2004年に設立されたリビン・テクノロジーズ株式会社。元々はインターネット広告代理店としてスタートしたが、現在は不動産会社比較サイト「リビンマッチ」が主力事業だ。なお、一括査定を申し込むと、すぐに「リビンマッチ」からメールが届いた。メールタイトルは、「【リビンマッチ】ご利用ありがとうございます」だ。

査定を依頼したのは3社で、創業10年未満の不動産会社A社、大都市圏中心に転換する不動産新しい会社B社、そして大手不動産会社C社を選択した。複数社の査定価格を並べてみて、各社の説明を見たり、聞いたりしているうちに、自ずと相場が見えてくる。

不動産を売却する前に、リビンマッチでは住宅・家・マンションが売れるのか簡単45秒で見積もりします。近隣の事業者、最大6社にオンライン無料査定を依頼することが可能です。売買時に気になる税金についてもお気軽にご相談ください。

不動産屋さん何社かに相談したのですが、「売れない」と言われてしまいました。そんな時に、よく利用していたサイトにリビンマッチの広告をたまたま見つけ、利用しました。

お持ちの不動産をできるだけ高く売却したい方向けのサービスです。当サイトにて物件情報をご入力いただくと、その地域の不動産売買を得意とする不動産会社が見つかり、複数の会社に無料で一括査定依頼ができます。

リビンマッチの売却査定は、運営歴が10年を超える実績があり、1400社以上が登録。年間440万人が利用するトップクラスの一括査定サイトです。利用する場合は、注意点を知ってから利用しましょう。

リビンマッチの口コミ評判※査定してみた感想