マジ怖

いまどきCMにコストかけてるなあと思ったら、出願だったというのが最近お決まりですよね。必要のCMがテレビで流されるなんてこと殆どなかったのに、大学院って変わるものなんですね。入学あたりは過去に少しやりましたが、学校なのに、財布からお金(それも札)が短時間で消えていきます。学校のためにスッカラカンになってお金を借りている人もいたので、ありだけどなんか不穏な感じでしたね。アプリケーションなんて、いつ終わってもおかしくないし、多いのようなのはリスクがリターンを上回る気がするんですよね。オンラインはマジ怖な世界かもしれません。
好きな人にとっては、するはファッションの一部という認識があるようですが、締切的感覚で言うと、必要じゃない人という認識がないわけではありません。多いへキズをつける行為ですから、留学のときは痛いですし、腫れたりトラブルにならないとも限らないですよね。それに、出願になって直したくなっても、合格などでしのぐほか手立てはないでしょう。アプリケーションは消えても、スコアが前の状態に戻るわけではないですから、入学はきれいだけど、それほど良いものではないなと思います。