スロートレーニングってなに?

ストートレーニングはアメリカで開発されたトレーニング方法で、ケン・ハッチンスという人が考えたトレーニングの方法です。
普通に行われているウエイトトレーニングと比較してみてもかなり、ゆっくりなペースで行うトレーニングですから、安全で、より効果的に筋肉を鍛えることが出来るというトレーニングの方法です。
スローとレーニングの方法としては、軽めの負荷をかけて、その付加で10秒から5秒間を目安に行って、負荷を少しずつ増やすというのが一般的なスロートレーニングの方法です。
スロートレーニングは、従来のトレーニング方法と比べてみると、とても安全でゆっくりした動きをして行いますから、けがやトラブルにつながりにくいというようなメリットがあります。
トレーニングで無理をしてしまっては、スポーツをしている人などは、何のためのトレーニングなのか本末転倒になってしまいますが、トレーニングで負荷をそれほどかけずに鍛えられるということは、とてもいいことだと思います。
スポーツ選手たちもスロートレーニングに注目して今行っていますが、スポーツ選手以外でも、最近はスロートレーニングを高齢者の人のリハビリや、怪我をした人のリハビリの一環として行っているケースが増えているといわれています。
スピードもゆっくりですし、とても安全に行われるトレーニングですから、お年寄りやけがをした人でも、安心して行えるトレーニング方法として、今注目されているのです。